ワードはともだち

ICT支援員さんのはてなブログ

ICT支援員の着任初日2

ICT支援員の着任初日のアクセスが多いです。

 

やはりみなさん初日の不安をかかえていらっしゃる?

厳密にはどのような疑問をもってブログ見に来ているのかはわかりませんが。

 

コメントにも書きましたが、みなさんが学校を気にするほど。

学校の先生側はみなさんのこと大して気にしていませんから!

 

・新しい人がいるなぁー。

・前と同じ人のほうが楽だったけど。

・ICT支援員?どう接していいかわからない。

・何の仕事頼んだらいいの?

 

そんな感じです。

着任初日について思いついたことをゆるめに更新してみます。

 

①ウケはねらわなくていい。

さっそく4月の挨拶ではずしたICT支援員がいました笑。

どんなにいいネタでも、先生方にとっての4月というのは。

それどころじゃないんです。

 

新しいクラスと新しい仕事でいっぱいいっぱい。

ウケをねらおうとする余裕に殺気立つでしょう。

 

②4月は種まきの時期。

着任の挨拶は朝がメインです。

8:30は先生のもっとも忙しい時間。

基本は「よろしくお願いします。」以外何も話さなくて合格。

 

もし4月の挨拶で話すのであれば。

・出身、経歴など自分の情報

・パソコンの何が得意か

その他の何か意図があった上での内容でないといけません。

 

出身・経歴、パソコンのスキルを話すのは。

そこをきっかけに私と仕事してください!

ということです。

 

実はICT支援員がおかしやすい致命的な失敗とは。

「先生が困っているのに質問されない」

ことです。

 

ICT支援員が初めてできた学校とか。

ICT支援員との関係ができていなかったりすると。

質問したいことがあっても質問せずにやめてしまうんですよね。

 

お忙しい先生の朝の時間をいただくのであれば、

今後の関係づくりのための種をまくのがポイントとなります。

 

 

つらつら更新しましたが。質問ありましたらコメントください。

アクセスがあればキレイに更新します。